個人事業の始め方

英会話教室を始めるには

英会話教室を始めるには

最近では、様々な習い事で開業・独立される方も多くなりました。英会話教室もその 1 つです。
英語教室の開業は、ご自身の経験やスキルを活かして、且つ低資金で始めることができる事業です。
専門性があるため、場合によっては金額も高めに設定できてやりがいもあるでしょう。

また、公立小学校の科目に英語がとりいれられ、ますます英語のニーズも強くなっていくことでしょう。
英会話教室を開こうと思っている方は参考にしてください。

さて、「英会話教室を開業する時にはどうしたらいいの?」「何か手続きは必要?」と悩む方もいらっしゃると思います。
今回は、英会話教室を開業する手順をご紹介したいと思います。

英会話教室の運営形態を決める

まずは、英会話教室の運営形態を決めましょう。

自宅でレッスンを行う

1つ目は英会話教室を自宅に開業してレッスンを行う方法です。基本的に開業コストを抑えられることができるため、これから英会話教室を始めたいという場合は最初に想定する方法なのではないでしょうか。

自宅でレッスンを行う場合にも大きく分けて2つの方法があります。

  • オンラインでレッスンを行う
  • 自宅を教室にする

この2種類です。

オンラインでレッスンを行う

zoomなどのツールを使って、遠隔でサービスを提供する方法です。コロナウイルスの影響もあり、昨今急激に増えてきていますね。

パソコン1台あれば授業を行うことができるため、開業コストを抑えることができます。英会話教室をこれから始めようと考えている方にはオンラインレッスンから始めてみるのも良いでしょう。

場所に縛られないメリットを持つ反面、競合するサービスが多くなるというデメリットもあります。HPや宣伝にはしっかり力を入れた方が良いでしょう。

自宅を教室にする

次にご紹介するのはご自身の自宅を教室にする方法です。こちらも最低限の設備を整えればすぐに開業できます。

自宅を教室にするという特性上、セキュリティ面や集客面には不安が残りますが、ご近所の方や知り合いに向けて英会話レッスンをしてみたいと考えている人にはオススメの方法です。

テナントを借りてレッスンを行う

2つ目はテナントを借りてレッスンを行う方法です。

テナントで英会話教室を開業するメリットは、立地によって集客が見込めるという点、ある程度の生徒へ同時に抗議を行える点などです。

自宅での開業の場合、どうしてもビジネスとしては小規模になりがちです。趣味ではなくしっかりと腰を据えて収益化したい場合はテナントを借りてしまう方がいいでしょう。

もちろん、物件や内装にかかる費用が必要になってくるため、初期費用や運営資金は多めに用意しておく必要があります。

受講者の自宅でレッスンを行う

3つ目は、受講者の自宅でレッスンを行う場合です。

イメージとしては、家庭教師のような業務形態になります。顧客の満足度も高くなる傾向があり、収入が多くて経済的に余裕があるお客さんが利用者になるケースがあります。

特段場所の用意が必要ないのは魅力的ですが、知人以外にサービスを提供する場合以下に信頼を得るかが大切になってきます。オンラインでのサービス提供と同じく、HPや宣伝にはしっかり力を入れた方が良いでしょう。

フランチャイズに加盟するか決める

フランチャイズに加盟すれば、開業を手厚くサポートしてくれる上に、フランチャイズのブランドを使った集客が見込めます。

まだ開業や経営のノウハウがないというのであれば、まずはフランチャイズに加盟して経験を積んでみるというのも非常に有効な手段でしょう。

メリットも大きい分、

  • 初期の加盟料
  • 保証料
  • ロイヤリティ

といった追加の費用も発生します。また、最低契約期間などが存在するケースが大半ですので、「どのタイミングで独立するのか」「長期的に得られるメリットがあるのか」などを踏まえて加盟するかどうかを検討するといいでしょう。

英会話教室を開くために資格は必要?

英会話教室を開くために資格は必要でしょうか?
実は、資格は必要ありません。
実際、私の知人も特に教えるための資格を取得はせずに教室を開いています。

とはいえ、英語関係の資格を持っていたり留学体験があれば、大いに役立つことでしょう。


ちなみに、英語関係の資格とは・・・
・英検(実用英語技能検定)
・TOEIC(Test of English for International Communication)
・JTA 公認 翻訳専門職資格試験(CPT)
・通訳案内士(ガイド)試験
などさまざまです。

資格を持っていると教室の強みにもなりますので、すでに資格をお持ちの方は前面に出し、資格をお持ちでない方は、スキルアップも兼ねて資格取得を検討してみるのも良いでしょう。

英会話教室を開くための資格

英会話教室を開くための開業の手続きは?

趣味の延長で英語を友人や子供たちに教えるぶんには、届出は特に必要ありませんが、個人の自宅で何かの教室を定期的に開くということは、個人事業となり、その本人は、個人事業主となります。


個人の場合は会社を設立する時ほど面倒な手続きはないのですが、税務署へ提出しなければいけない書類があります。それが「個人事業の開廃業等届出書」です。

開業届とは

事業を始める人すべてに必要な書類です。
この書類は自宅を事務所または教室にする場合、現住所の所轄の税務署に開業後 1 ヵ月以内に提出する必要があります。


ちなみに、手続きは非常に簡単で、必要事項を記載して税務署に持っていくだけです!

開業届は税務署の他にも都道府県税事務所にも個人事業開始申告書を提出することになっています。
しかし、実際には所得が 290 万を超えなければ事業税が発生しないので、この申告書を提出せずに事業を開始する人が多いようです。

開業届けを出さなければどうなるのか? と心配になる人もいると思います。結論を言うと特に問題ありません。


開業届けというのは、国や自治体へ事業の開始を知らせる手続きの為、開業届けを出さずに仕事を始めても確定申告をすれば、個人事業主の届出もすることになります。

なお、開業届については「個人事業始めるには」で 書き方やメリットは?に詳しくまとめています。こちらも参考にしてください。

開業資金の調達は?

開業資金のすべてを自分で用意しなくとも、助けになる制度がたくさんあります。

小規模事業者持続化補助金

「小規模事業者持続化補助金」とは、従業員数が20人以下の小規模事業者を対象にした制度です。補助金の受取には一定の条件があり、補助金額は最大で50万円。

制度の名目上、事業を持続するためのサポートをする制度なので、
・開業届を提出している
・法人化をしている
上記のいずれかを満たしておく必要があります。

商工会議所でサポートを受けながら申請ができるので、条件に当てはまる場合は補助金や助成金などを活用していきましょう。

地域創造的起業補助金

「地域創造的企業補助金」とは、創業時に必要な経費の一部を国や地方公共団体が補助してくれる制度です。
開業してから1名以上の従業員を雇用する予定の法人や個人事業主が対象です。

以前は「創業補助金」という名前でしたが、2018年に「地域創造的企業補助金」という名前に変更されました。「創業・事業承継補助金」と名前が似ていてややこしいですが、運営している会社が異なるだけで制度自体の内容は一緒です。

「地域創造的企業補助金」の最大のメリットは、
・返済不要
・創業前でも申請が可能
という2点です。

「地域創造的企業補助金」の受給条件を満たしている個人事業主の方は多いので、積極的に活用していきましょう。

政策金融公庫

最後にご紹介するのが、「政策金融公庫」から融資を受ける方法です。

創業期に日本政策金融公庫で融資を受けることで、会社の信用実績をあげることが可能です。信用実績をあげることで、結果的に他の銀行からの融資を受けやすくなります。

「政策金融公庫」のメリットは
・無担保・無保証で受けられる
・審査のハードルが低い
・審査のスピード感が早い
などが挙げられます。

開業・独立のパターン

英会話教室のレッスン価格は?

英会話教室のレッスン価格についてご紹介していきます。

オンラインでレッスンをする場合

オンラインの場合はレッスン価格にかなりばらつきがありますが、複数名に講義するタイプであれば1回あたり1,000円~3,000円。月謝にすると4000円~10000円ほどが多いようです。

対面できない特性上、実際に会って講義するタイプの教室よりは安価に設定されることがほとんどのようです。

反面、マンツーマンレッスンの場合は一回あたり5,000円~と対面型と大きく差をつけないこともあるようです。

自宅でレッスンをする場合

自宅でレッスンする場合、相場としては週に1度のレッスンで1回あたり5,000円から8,000円。月謝にすると20,000円前後が多いようです。

これは一般的な英会話教室の月謝より高めですが、自宅という特性上マンツーマンや少人数でのレッスンになることが理由です。

テナントを借りてレッスンをする場合

テナントを借りてレッスンをする場合は、レッスン1回あたり2,000円から4,000円くらい。月謝にすると8,000円から15,000円くらいのところが多いようです。

もちろん、個人レッスンやネイティブ外国人講師の指導になるともう少し高い場合もあります。また、立地条件が良いエリアにあるテナントでの授業は家賃などの兼ね合いで、少し高めに設定しておく必要がありますね。

英会話教室を開いたあとは?

英会話教室の集客

まず、集客に関してです。

最初は知人に声をかけてみるといいかもしれません。そうは言っても、知人だけでは限界があります。また、誰も知り合いがいない新しい場所でのスタートとなるとやはり新規顧客獲得が必要ですよね。

新規顧客獲得のための正解は実はありません。
地道な活動が大切です。HP を作ったり、チラシを作ったり、SNS や広告なども集客の 1 つの手段でしょう。


集客方法もターゲットや地域によって変わってきます。
地域に根ざした英会話教室を目指すのであれば、近くの飲食店にチラシを置いてもらったり、自分で配ったりするのもいいかもしれません。
マンションの一室であれば、マンションの掲示板に貼っておくと住人の方にも興味を持っていただけるかもしれません。

 スマホでも作れるチラシ作成アプリもあるので、自分で簡単にチラシを作成したいという方はぜひ、参考にしてみてください。

大人向けのレッスンであれば、チラシよりも Facebook 広告などのネット広告を活用すると良さそうです。Facebook 広告であれば、エリアや年齢層などよりターゲットを絞ってリーチすることができます。
また、ネット広告は一見お金がかかりそう・・・と思われがちですが、実は低価格からスタートできるのも魅力です。
詳細は、結局どっちがいいの!?チラシ広告とfacebook広告を比較してみた!を参考にしてみてください。

英会話教室の開業・独立まとめ

英語教室の開業に当たってのポイントは以下の通りです。

1. 英語教室の開業に資格は必要ない

2. 開業届は必須ではないが、節税効果があるため開業と同時に行うのか好ましい
 費用が経費になるからです。

3. 資格は集客でのアピールに役立つ

4. 英語教室の開業方法は「テナント」「フランチャイズ」「自宅」の3つ

5. 開業に必要な資金は、開業方法によって0〜1,000万円前後となる

6. 開業方法によって開業までの流れが異なる

英語教室の開業では資格は必要ありません。教室の準備とは別に、事業主としての申請が必要となります。

また、英語教室の開業方法によっても開業までの流れが異なることに注意が必要です。ご自身の理想に最も近い開業方法を選択し、英語教室を必ず成功させましょう!

-個人事業の始め方

© 2022 お役立ち情報blog |gina esays