英語が聞き取れない理由と対策

英会話レッスンを取って学習しているつもりなのに、実際に外国人と会話するシーンになったら、相手の言うことがよく聞き取れないということってありますよね。レッスンではきちんと聞き取れるフレーズも、実践となると意外と理解できなかったりします。あれって、どうしてなのでしょうか。英語が聞き取れないときの理由と対策について考えてみました。
相手のスピードが速すぎる
英語ネイティブの中には、早口の人もいればゆっくり話してくれる人もいます。日本人でも同じですよね。ですので、単純に相手の話し方が速すぎて聞き取れないということがあります。英会話レッスンの先生は、こっちに聞き取りやすくなるようにゆっくり話してくれることもありますので、実践ではそのスピードについていけない、ということもあるのです。相手の話すスピードが速くて聞き取れないときは、素直にもう一度繰り返していってもらいましょう。こちらは英語ネイティブではないので、英語が聞き取れなくて当然、くらいに思ってもよいと思います。相手のスピードについていけないときには、ストレートに「もう少しゆっくり話してください」と堂々とお願いするとよいでしょう。
相手の英語アクセント
英語を話す人はみんながみんな英語ネイティブではありません。ですので、それぞれに母国語のアクセントがあったりします。英語ネイティブの中にも、その地方独特の言い回しやアクセントがありますので、英語学習者にとっては聞き取れないということも起こってきます。こういうときは、はっきりとよく聞き取れないことを伝えましょう。聞き取れていないのに、聞き取れているつもりになって会話に流されてしまうと、いざというときに恥をかくことになります。
聞き返すフレーズを覚えよう
英語が聞き取れなかったときのために、聞き返すための英語フレーズを覚えておきましょう。これを知っているだけでも、英会話に積極的に参加することができます。英語のネイティブではないのですから、聞き取れなかったときにはどんどん聞き返すことをおすすめします。そうやって、実践を積み重ねることで、徐々に聞き取れるようになってくるはずです。

ポータブル電源『Jackery ジャクリ』の選び方|レビュー動画もご紹介します!